毎日夢を見るのは良いこと?悪いこと? | 上野原(山梨)の整体「本町整骨院」

上野原の本町整骨院 交通事故治療に自信あり
  • 電話番号0554-62-2525
  • 山梨県上野原上野原2085-1-201
  • 上野原の本町整骨院アクセスマップ

毎日夢を見るのは良いこと?悪いこと?

2018/01/15 | カテゴリー:スタッフブログ

日頃、何気なく見ている夢…
毎日夢を見て疲れる」「夢を毎日必ず覚えている」という方。
実は身体の不調のサインの可能性があります。

夢は必ず見るもの。ただし毎日覚えているのは…

寝ている時、誰もが夢を見ています。
私たちは寝ている時にレム睡眠ノンレム睡眠が約90~120分くらいのサイクルで繰り返されています。

レム睡眠とは、身体は休んでいるが脳は覚醒しているので眠りが浅い状態です。
ノンレム睡眠は、脳と身体が休んでいるので眠りが深い状態です。

夢を見た事を覚えていない人も必ず夢を見ていますが、それを覚えているか覚えていないかによって身体の状態がわかります。

夢を見ることは自然なことですが、毎日のように夢、特に悪夢を覚えている場合は注意が必要です。

毎日夢を覚えている人は、ホルモンや自律神経のバランスが崩れている可能性が高い人です。

▶ 心当たりのあるかたは自立神経失調症ページへ

 

夢を毎日覚えているということは?

人間の身体の調節はホルモンと自律神経によってバランスを保っています。

本来なら睡眠の時は自律神経の一つである副交感神経(身体をリラックスさせる)が働かなくてはいけません。
夢を覚えている人は睡眠時でも脳が覚醒状態になってしまい、脳や身体は十分に休むことが出来ないので身体には様々な影響が起こりやすくなってしまいます。

 

なぜ毎日夢を覚えていると睡眠の質が低下している可能性があるのか?

いつも眠りが浅いという人はレム睡眠が長くなっている状態、つまり脳は休んでいないということになります。

このことにより、脳で作られる脳脊髄液(身体の栄養素)が上手く循環できなくなり頭痛の原因や集中力の低下などが現れます。

夢を見てから約10分程度の間に目を覚ますと夢を覚えていると言われています。

最近毎日のように夢を見るという人は、昼間のストレスを脳が寝ている間に処理するほど疲れている可能性があります。

また、身体は休んでいるけど脳は覚醒しているレム睡眠の状態になっているので、寝起きのすっきり感がない人が多いです。

眠りが浅いレム睡眠が続いてしまうと1日で溜まった疲労が抜けきらないので、身体の不調が起こりやすい環境になってしまいます。

疲労の蓄積で身体の不調が起こりやすくなり、悪夢をみやすくなると言われています。

 

眠りが浅い「レム睡眠」を増加させる要因

①コーヒーの過剰摂取

コーヒーに含まれているカフェインは中枢神経を興奮させる作用があるために、コーヒーを過剰摂取することで興奮状態が続きます。結果的に脳が休めない環境にしていきます。

②寝る前の環境が悪い

寝る前の環境が悪いと、レム睡眠の時間が増加してしまいます。

寝る直前に食べ物を食べたり、布団に入ってからもテレビを見たりスマホを使用したりすると睡眠の質が低下するのでレム睡眠の時間が増加する可能性があります。

寝る前に食べ物を食べてしまうと、食べ物を消化しようと内臓に血液が集まりやすくなります。
そうなることで食べ物の消化はしていますが、脳への血流が行きにくくなるため眠りの浅いレム睡眠になりやすくなってしまいます。

できるのであれば、寝る2時間前には食事を済ませておくと良いです。

また、寝る前にテレビやスマホなどを使用していると電磁波や画面の光によって睡眠の質が低下してしまいます。
これは、画面からの光がメラトニンという睡眠を促進させるホルモンに影響してしまうからです。

暗い環境で人間は眠くなる作用がありますが、寝る直前に光を受け取るとメラトニンの分泌がスムーズに行われなくなってしまう可能性があります。
寝る1時間前にはテレビを見たり、スマホを使用したりすることを控えて、暗い環境で寝るようにしてみましょう。

③アルコールの過剰摂取

アルコールを摂取するとなぜ眠くなるのでしょうか?

少量のアルコールであれば、脳内の抑制神経伝達物質であるギャバ(GABA)が増加します。
これにより、ドーパミンやノルアドレナリンが減少し、眠くなるのです。

しかし、アルコールは約3時間後にアセトアルデヒトという毒素に分解されます。
このアセトアルデヒドの成分によって交感神経が刺激されるので、眠りが浅くなると考えられています。

また、眠りが浅いと成長ホルモンの分泌も低下するので、寝ている間に身体の疲れやコリを修復しにくい環境にしてしまいます。

アルコールを摂取すると睡眠を誘発する作用があるのですが、同時に眠りを浅くしてしまうことがあります。

お酒も少量であれば問題ないですが、過剰摂取すると眠りの質を悪くします。
休肝日を設けるように心がけてください

重症化すると…

夢を見ていることを覚えている状態=眠りが浅い状態
が続き、重症化すると下記のような病気になる可能性があります。

 

自律神経失調症

内科などの病院では原因不明とされることが多い。頭痛、めまい、耳鳴、吐き気、気分が沈むなどの症状が現れる。
▶ 自律神経失調症ページを見る

不眠症

寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまう。ひどい場合だと睡眠導入剤がないと眠れない。
▶ 不眠症(睡眠障害)ページを見る

肩こり

ひどくなると、首痛や頭痛などの症状も現れることがある。
▶ 肩こりページを見る

頭痛

日常的に頭痛がしたり、急に動けなくなるような頭痛に悩まされるという人もいる。
▶ 頭痛ページを見る

腰痛

慢性的に腰に痛みや違和感があったり、急に腰が痛くなったりする。
▶ 腰痛ページを見る

スタッフブログ一覧へ戻る

料金・メニューはこちら
アクセスはこちら
ご予約について
院情報
LINE予約

得意メニュー

得意メニューの一覧を見る

症状別に見る

症状別の一覧を見る

  • 料金・メニュー
  • アクセスマップ
住所
〒409-0112 山梨県上野原市上野原2085-1 フレンドリーシティ大和屋201 中央自動車道「上野原IC」より車で4分
診療時間
午前 08:30~12:00
午後 15:00~20:00
★交通事故治療は21時まで受付
※日曜日・祝日は休診
※木曜日は不定休(診療の場合は9:00~12:00)
電話番号
0554-62-2525
  • 患者様の声
  • お問い合わせ

トピックス

トピックスの一覧を見る

トピックスカテゴリー