脊柱管狭窄症の症状と治療 | 上野原(山梨)の整体「本町整骨院」

上野原の本町整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 河辺宏一

交通事故治療に自信あり
  • 電話番号0554-62-2525
  • 山梨県上野原上野原2085-1-201
  • 上野原の本町整骨院アクセスマップ

脊柱管狭窄症の症状と治療

2018/05/27 | カテゴリー:スタッフブログ

脊柱管狭窄症とは、西洋医学では腰の骨の間(椎孔)から出る神経が何らかの原因で圧迫されて症状が出ると言われています。

腰から出る神経は足の先まで通っているのでお尻から足の方に症状がでる事が多いとされています。

 

 

代表的な症状としては、腰痛、坐骨神経痛、間欠性跛行(5分も歩くと脚が辛くてしゃがみ込んでしまう)

などがあります。

 

 

 

病院で脊柱管狭窄症と診断された方の中にはレントゲンやMRIの画像を見て、

「神経が圧迫を受けているから」

「脊柱管が狭くなっているから」

「骨がすり減っているから」

「痛みやシビレが出ているので手術が必要」

などと言われ、不安や恐怖を感じておられる方も少なくありません。

 

しかし、アメリカのドクターの研究では、痛みやシビレの原因は神経が圧迫されているからではないというものもあります。

 

実際、当院に来院されている患者さんで手術をしないと治らないと言われている方でも内臓の歪みやクラニアル(頭蓋骨)の歪み、骨格の歪みを整えることで症状が無くなる方がたくさんいらっしゃいます。

 

山梨県上野原市本町整骨院では、脊柱管狭窄症の原因は一言でいうと内臓の歪みだと考えます。

腰の神経は、身体の下に位置するので上にある臓器(肝臓や胃、腸など)に影響されます。

骨盤の環境も悪くなると血液の流れも悪くなり、神経にも栄養が行き届かなくなります。

 

 

臓器の位置を整えて血液循環を良くすることで神経にも栄養が行き届くようになり、辛い症状が必要の無い身体になります。

スタッフブログ一覧へ戻る

料金・メニューはこちら
アクセスはこちら
ご予約について
院情報
  • 得意メニュー
  • 料金表
  • 症状別に見る
  • アクセスマップ
住所
〒409-0112
山梨県上野原市上野原2085-1
フレンドリーシティ大和屋201
中央自動車道「上野原IC」より車で4分
営業時間
午前 08:30~12:00
午後 15:00~20:00
★交通事故施術は21時まで受付
※定休日:日・祝・土曜の午後
※木曜日は不定休(営業の場合は9:00~12:00)
※土曜日14:00までの営業
電話番号
0554-62-2525
  • 患者様の声
  • お問い合わせ

トピックスカテゴリー