頭痛を改善する横隔膜のセルフケア | 上野原(山梨)の整体「本町整骨院」

上野原の本町整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 河辺宏一

交通事故治療に自信あり
  • 電話番号0554-62-2525
  • 山梨県上野原上野原2085-1-201
  • 上野原の本町整骨院アクセスマップ

頭痛を改善する横隔膜のセルフケア

2017/12/23 | カテゴリー:スタッフブログ

横隔膜とは

横隔膜をご存知ですか?

焼肉でいうハラミのことです。

 

横隔膜の位置

みぞおちのところ、肋骨の下あたりにあります。

横隔膜の上には肺があり、下には胃や肝臓や脾臓などの内臓があります。

内臓は機能が悪くなると重くなり、下垂しやすくなります。

胃や肝臓、脾臓など横隔膜の下にある内臓が機能低下し重くなると、横隔膜も動きが悪くなってしまいます。

 

横隔膜の役割

横隔膜は呼吸に関係しています。

横隔膜が下に動くと肺が広がり酸素が取り込まれます。

逆に上に動くと肺が縮み、二酸化炭素が排出されます。

横隔膜の動きが悪いと体内の酸素量が低下し、脳に十分な酸素がいきわたらなくなります。

これが頭痛の根本的な原因になっていることが多いので、横隔膜の動きを良くしてあげることが頭痛を軽減させることもあります。

 

 

 

横隔膜のセルフケア

おうちで簡単に出来る方法をご紹介します。

 

横隔膜ストレッチ①

 

1、背筋を伸ばします

2、両手の指先を肋骨の下のみぞおちのところにそれぞれ当てます

3、息をゆっくり吐きながら指先をみぞおちに押し込みます

4、指先を押し込んだまま5~10秒ほど心地よいくらいの強さで行ってください

5、みぞおちに指先を入れたまま鼻からゆっくり息を吸ってください

これを3~5回、毎日繰り返します。

※お風呂上りの筋肉が緩んでいる時に行うのがおススメです。

 

横隔膜のストレッチ②

 

1、仰向けに寝て、みぞおち辺りに両手を重ねて置きます。

2、そのまま手をゆっくりと筋肉の抵抗を感じるくらいまで沈めてください。

3、筋肉の抵抗を感じたらそのままゆっくりと手を上(頭)の方へスライドさせてください。

4、手をスライドさせていくと、また抵抗を感じるのでそのまま2分間ほど待ちます。

 

 

スタッフブログ一覧へ戻る

料金・メニューはこちら
アクセスはこちら
ご予約について
院情報

得意メニュー

得意メニューの一覧を見る

症状別に見る

症状別の一覧を見る

  • 料金・メニュー
  • アクセスマップ
住所
〒409-0112
山梨県上野原市上野原2085-1
フレンドリーシティ大和屋201
中央自動車道「上野原IC」より車で4分
営業時間
午前 08:30~12:00
午後 15:00~20:00
★交通事故施術は21時まで受付
※定休日:日・祝・土曜の午後
※木曜日は不定休(営業の場合は9:00~12:00)
※土曜日14:00までの営業
電話番号
0554-62-2525
  • 患者様の声
  • お問い合わせ

トピックス

トピックスの一覧を見る

トピックスカテゴリー